生体保証内容について


◎気に入った子猫をお渡しの時には、お客様が必ず子猫をご確認ください◎

 

お渡しの時点では、健康診断を受け、1回目のワクチン接種を受け健康な子猫をお渡しいたします。

先天性疾患のある子猫は、販売していません。

しかし、お渡し後に見つかる場合もあります。

 

◎新しいお家での生活は、環境が変化する為子猫はストレスを感じます。

子猫がストレスを感じた時は、免疫が低下します。

約2週間から1か月ほどは、様子を観察して下さい。

下痢、嘔吐、食欲不振など、個体によって様々です。

お渡し当日の夜または翌日に子猫の様子をご連絡ください。ご連絡がない場合、こちらからご連絡を差し上げます。

*様子がおかしい時は、必ず獣医師の診察を受けてください。

*先住猫がいる場合、子猫を無理に近づけず2週間から1ヵ月は、違う部屋で子猫が過ごせるようにして下さい。

 

=生体保証について=

(特約)お渡し日から15日目迄(お渡しの日を1日目とし)に先天性疾患で子猫が死亡した場合、

 子猫の代金100%を返金します。

 🔸同種同条件の代替え子猫を後日お渡しをご希望の場合は、話し合いにてお客様のご希望に応じることと

   致します。

 

FIP(猫伝染腹膜炎)日本では、有効な治療法が無く発症したら殆どの猫が死に至るという怖い病気です。

猫腸コロナウイルス(FECV)というウイルスが、猫の体内で突然変異しFIPウイルスになります。

他の病気との合併、ストレスが原因ともいわれています。多頭飼い等は注意が必要です。

 

FIV(エイズ)感染している猫とのケンカ等で感染します。唾液にこのウイルスが多く含まれます。家の中だけで飼う場合は感染することはありません。しかし、多頭飼いの場合は感染猫がいたら子猫に感染する可能性があります。

 

FeLV(猫白血ウイルス感染症)このウイルスを持つ猫から感染します。しかし、ワクチン接種で防げる病気です。

 

上記の【FIP】【FIV】【FeLV】が原因で子猫が死亡した場合は、保証対象外とさせていただきます。

【FIV】【FeLV】での死亡は、1か月以内の死亡は稀だと思います。

【FIV】【FeLV】については、私たちの家にいる全ての猫は、感染していません。

 

 

子猫が死亡した日から2日以内に電話でご連絡下さい。

子猫が、死亡した日から3日以降のご連絡の場合保証対象外とさせて頂きます。

必ず日付と2名以上の獣医師署名入り、2件以上の動物病院の名前記載のある死亡証明書を取得し、死亡原因の記載があるものを郵送してください。

死亡した子猫の写真もお送りください。

獣医師にかかった治療費、診断書及びに死亡証明書発行費用についてはお客様負担とさせていただきます。

下記の場合は、保証対象外とさせていただきます。

  • お客様の過失による死亡。
  • 虐待、放置などによる死亡。
  • 事故、災害による死亡。
  • 獣医師による適切な処置を受けなかった場合の死亡。
  • 死亡の原因が不明の場合。
  • 補償請求に関して虚偽の申告があった場合。
  • 3頭以上の先住猫がいる場合
  • 第三者に転売及び譲渡した場合
  • 成長過程においてのの変化(目の色、毛の色、歯のかみ合わせ、停留睾丸など)

 保証請求に関しましては、引き渡しをしたお客様ご本人が速やかにご連絡下さいませ。

 

 ★当猫舎は、保証終了後も1ヵ月間、保障に関する調査権を有し、虚偽の申請が判明した時は、

  当該子猫価格返金額並びに調査費用に要した経費を補償請求者に対し請求できるものとします。